ガラス探検隊

一條朋子さん今年も松屋で個展


一條朋子さんから教室においてねとのことでDMはがきを多めに送ってくださいました。
毎年この時期開催の松屋での個展です。
開場は呉服売り場に隣接する和の座ステージですが、銀座松屋の呉服売り場は8月末で無くなるそうな…
呉服売り場からの流れでかわいいガラスの帯留が並んでいるのが良かったのに、そんな光景も今年で終わりなのでしょうか?
ま、ともあれ一條さんがきもので店番していると思うのでぜひお出かけください。

一條朋子ガラス作品展
2022年6月8日(水)-14日(火)
10:00-20:00(最終日18時)
銀座松屋7階 和の座ステージ
〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1
TEL.03-3567-1211

https://www.matsuya.com/ginza/floor/7f/

神代良明さん金沢で個展


「遅くなり申し訳ありません。」と一言添えられて6日(金)に届いたDMはがきです。
会期始まっているじゃないですかっ!ま、会期長いから許そう…作家さんにありがち、ぎりぎりまで制作したり準備しているのでDM発送まで手が回らないケース、そして大型連休もあり郵便が配達されないという悲しい状況だったんだと思います。(笑)
さて、会場は東京から金沢にお引越ししたGallery O2、国立近代美術館工芸館が金沢に引っ越して、もともと工芸が盛んな地域ですが、工芸の文化度が上がった金沢です。
そしてスペシャルなアーティストトークが5月14日16時から、このたび富山市ガラス美術館館長に就任された土田ルリ子さんを迎えて開催だそうです、豪華っ。
東京ー金沢間の新幹線グランクラスに乗ってみたい私は、会期中行ってみたい気持ちでいっぱいです。

神代良明展
2022年4月29日(金)-6月5日(日)
13:00-18:00(水・木休廊/祝日4/29と5/3は開廊)
Gallery O2
〒920-0919石川県金沢市南町5-12 4F
TEL.090-6523-2011

グラスアートクラスの生徒さんがグループ展


ガラス教室グラスアートクラスの生徒さん、氏家明子さんがガラス仲間とグループ展です。
氏家さんはウチの鋳造ガラスの教室のほかにパウダーフュージングの教室にも通われていますので、そちらでのお友達とのグループ展のようです。
いずれにせよこまごまとかわいらしい作品が並ぶと思いますので、ぜひお出かけください。

彩薫るガラス展
2022年4月13日(水)-18日(月)
12:00-18:00(最終日16:00)
Gallery子の星
〒150-0034東京都渋谷区代官山町13-8キャッスルM113
TEL.03-6416-5919
http://www.nenohoshi.com/

加倉井秀昭さん名古屋で個展


加倉井秀昭さんからハガキが届きました。
名古屋のギャラリーで展覧会です、お近くの方はぜひ。
展覧会の情報とは別に、加倉井さんは現在工房業務のお手伝いを募集中です。
「制作アシスタント、加工、吹きガラス体験、ガーデニングという土木作業からインターネット配信、梱包、薪づくりまで。
なんでも来いだな。。。」
とのこと、長野でガラスをやってみようという方はぜひに。

加倉井秀昭展
2022年4月2日(土)-9日(土)
12:00-18:00(4日休廊)
Hase
〒450-0002名古屋市中村区名駅5-10-7 花車ビル中館1F
TEL.052-414-5465

大谷佳子さん鋳造ガラスのあかりの展覧会


今日は4月2日スタートのガラスの展覧会の葉書が2枚届きました。
まずは大谷佳子さんの展覧会からご紹介。
鋳造ガラスの照明器具、フロスティなガラスを通して柔らかい光が良いですね。
メーカーものの照明器具はなかなか素敵なのがありませんから、探している方はぜひ。

大谷佳子ガラス展「暮らすあかり」
2022年4月2日(土)-12日(火)
12:00-19:00
ギャラリー澄光
〒158-0083東京都世田谷区奥沢4-27-12
TEL.03-3748-2781
http://www5a.biglobe.ne.jp/choukou

アートフェア東京2022無事終わりました


狩野智宏作のガラスの茶碗の発表の場となったアートフェア東京2022が無事終了いたしました。
55個制作した玻璃茶碗、半分ぐらいはお買い上げいただいたようです。
相模屋美術店さんのブースにお立ち寄りいただいた皆様、お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。
さて、狩野は6月の京都の個展に向けてまた制作に入ります。
60歳を機に絵を描き始めたので、次は絵を中心にした展覧会を予定しています。
近くなったらまたこちらでお知らせいたしますが、会期は6月19日(日)-7月3日(日)ご予定に入れていただけると幸いです。

狩野智宏の玻璃茶碗、芸術新潮に掲載


芸術新潮3月号は今週開催のアートフェア東京2022の見どころガイドの特集があり、出展ブースS001相模屋美術店が見開きで狩野智宏の玻璃茶碗を掲載してくださいました。
ご興味ある方は本屋さんかアマゾンで買ってみてください。
そして玻璃茶碗現物をご覧になりたい方は、11日(金)-13日(日)のアートフェア東京2022へどうぞ。

Art Fair Tokyo 2022
2022年3月11日(金)-13日(日)
11:00-19:00(最終日16:00)
東京国際フォーラム
東京都千代田区丸の内3-5-1
https://artfairtokyo.com
前売り券:4,000円
予約当日券:5,000円
https://tickets.artfairtokyo.com/

i:to:ten一区切りの展覧会


2012年から続いたガラスの作家たちが企画開催してきた展覧会、ギャラリーが入らず開催するのは何かと大変だったと思います。
今回で一区切りだそうで、60名参加の120点を超える展示数だそうです。
入場も無料ですし、見ごたえありそうですね。

i:to:ten 十人十色ガラスの展覧会 Vol.11
2022年3月10日(木)-15日(火)
11:00-19:00(最終日16:00)
横浜赤レンガ倉庫1号館 2F A.B.Cスペース
〒231-0001神奈川県横浜市中区新港1-1-1
TEL.045-211-1515

ノグチカズミさん個展

ノグチカズミさんがまたプリズムプラスで個展です。
昨年はバッグの展覧会でしたが、今年はガラスをメインに展示するそうです。
もちろんバッグのセミオーダーもありだそうです。
鋳造の繊細な作品が見られるのが楽しみです。
会期はマンボウも明けているでしょうし、春めいてスカイツリーまわりをぶらりとするのも良いですね。

HAKOYA ノグチカズミ EXHIBITION 朝の波
2022年3月11日(金)-30日(日)
11:00-17:00(最終日16:00/14日-16日休廊)
最終日以外は予約にて19:00までご覧いただけます
プリズムプラス
〒131-0045東京都墨田区押上3-6-1
TEL./FAX.03-3610-8255
https://www.instagram.com/prismplus_garasukikakusya/

硅砂組展覧会


田上惠美子さんから「本年もよろしくおねがいいたします」と一言添えられてお葉書頂きました。
本日から大阪での開催です、お近くの方はぜひ。
今回は硅砂組としての展示で、石とガラスです。
ガラスの原材料は砂、石もガラスも元々は同じところからできています。
砂の質によってガラスの色が変わったりもします、WEBショップの取り扱い作家の村山耕二さんの作品はサハラ砂漠の砂や仙台の川砂、月山の砂などを融かしていろんな色を醸し出していて、地質学的な事を実験しています。
田上さんの珪砂組も地質学ガラスチームですね。

石とガラス
2022年1月15日(土)-30日(日)
11:00-18:00(火・水休廊)
GULIGULI gallery
〒563-0024 大阪府池田市鉢塚2-10-11
TEL.072-734-7603